オリジナル紙袋製作をすると得られるメリットとは

オリジナル紙袋製作をすると得られるメリットとは

紙袋

オリジナル紙袋を製作するメリット

お店の商品を入れる紙袋ですが、この紙袋をお店オリジナルにするだけで、いくつかのメリットを得ることができます。ここでは、オリジナル紙袋を製作して得られる代表的なメリットを2つ紹介します。オリジナル紙袋を製作することで得られるメリットの1つは「広告効果」です。動く無料広告といわれるほどオリジナル紙袋は広告高価が高いアイテムとして数多くのお店から重宝されています。手提げ袋に商品をいれて、それをお客様が持ち、帰宅するまでは、その紙袋は大きな広告媒体となります。紙袋のデザインに力を入れると、その効果はさらに高くなります。オリジナル紙袋を製作することで得られる2つ目のメリットは、「ブランド力の向上」です。例えば、高級チョコレートをお店から購入したときに、紙袋がありきたりのものならば、そのチョコレートの高級感は半減してしまいます。一方、紙袋まで高級感が漂い、そのお店のイメージがしっかりと伝わればチョコレートを購入した満足感も高まり、チョコレートの味も不思議とさらに美味しく感じるはずです。このように、オリジナル紙袋を製作すると、そのお店やお店の商品のイメージアップにつながります。誰もが知っているような世界規模の高級ブランドショップの紙袋は、紙袋1つがまるで商品の1つのような錯覚を受けるほどカッコいいものもあります。以上の2つがオリジナル紙袋を製作するメリットになります。1枚あたり数十円から製作することのできる紙袋には、こんなにも大きいメリットがあり、コストパフォーマンスは非常に良いといえるでしょう。ぜひそのお店にしかない誰もが好印象を抱くような紙袋を製作してみてはいかがでしょうか。

オリジナル紙袋の種類

オリジナル紙袋を製作するにあたって、オリジナル紙袋の種類を把握しておくことは重要です。オリジナル紙袋製作には大きく分けて、セミオーダー型とフルオーダー型の2種類があります。セミオーダー型の紙袋は、あらかじめ紙袋の大きさが決められているタイプです。例えばA4ファイル対応であったり、瓶製容器対応であったりします。お店側が決められる範囲は、紙袋のデザインや手提げヒモ、紙の材質などです。紙袋に入れるお店の全商品の大きさが同じ場合は、こちらのセミオーダータイプの紙袋にしましょう。時間をかけて高さや幅を考える必要もなく、フルオーダータイプよりも安く製作できます。一方、フルオーダータイプのオリジナル紙袋は、高さや幅に始まり、色数や使用する用紙、表面処理まで紙袋に関する全てのデザインを決めることができます。フルオーダータイプの紙袋は、全てデザインするのに時間がかかりますが、そのお店にしかない世界で1つだけのオリジナル紙袋を製作することができます。オリジナル紙袋で重要になってくるポイントは、主に用紙と手提げヒモの種類です。まずは用紙の種類について知っておきましょう。用紙には、未晒クラフト紙や半晒クラフト紙、コート紙など様々な種類があります。未晒クラフト紙ならば強度が高い、コート紙ならば光沢があり高級感がある、といった特徴があります。お店の印象に合った用紙を選ぶようにしましょう。次に手提げヒモの種類ですが手提げヒモはヒモ自体の種類の他にも、穴タイプやOFJタイプといった取り付け方にもいくつかの種類があります。お店の商品の重さや紙袋の持ちやすさを考えて、慎重に選びましょう。このようにオリジナル紙袋製作といっても種類やデザインは幅広くあり、お店に合った理想的な紙袋を製作することが可能です。

イメージアップのために作成

オリジナル紙袋製作はいくらかの費用はかかってしまいますが、長期的に見るとお店のイメージアップにもつながるので、やっておいて損はないといえるでしょう。

広告募集中